未経験者でも事務職に転職できる?転職を成功させる方法とは?

人気があり、倍率も高い事務職。

「事務の仕事は未経験だけど、事務職に転職することってできるのかな?」

と、事務職には興味があっても未経験だからと諦めている方もいるのではないでしょうか?

でも、未経験であっても事務の仕事ができるなら、やはりやってみたいですよね。

そこで今回は、未経験の方が事務職へ転職するための方法をご紹介していきたいと思います。

転職を成功するための方法を知って、ぜひ挑戦してみてくださいね。

事務職にはどんな仕事があるの?

まずは事務職にはどんな仕事があるのか、基本的な業務の内容からご説明していきたいと思います。

事務職といってもたくさんの種類がありますが、その中でも、ここでは3つの事務職についてご紹介していきますね。

一般事務の主な仕事内容

一般事務は、事務職の中でも人気の高い事務です。

社内で起きるさまざまな事務の業務を行うのが一般事務です。

そのため柔軟性や正確さが必要となります。

そんな一般事務の仕事内容は、以下のとおりです。

  • 資料や書類の作成
  • 電話やメールの応対
  • 来客への対応
  • データ入力や集計

一般事務の場合は電話や来客への応対があるので、基本的なビジネスマナーの知識やコミュニケーション能力があると活躍することができますよ。

営業事務の主な仕事内容

営業事務の主な役割は、営業スタッフのサポートです。

仕事内容としては、次のようなものがありますよ。

  • プレゼンや提案資料の作成
  • FAXや電話などの受発注
  • 請求書の発行

また、上記の他にも営業のメンバーがいない時には顧客との電話やメールの応対をしたり、営業のメンバーと一緒に顧客や取引先のところへ同行する場合もあります。

営業事務を目指す場合はパソコンのスキルだけでなく、ビジネスマナーなども身に付けておきましょう。

経理事務の主な仕事内容

経理事務はその名の通り、金銭管理などが主な業務となります。

その他にも、

  • 現金の管理や経費の精算
  • 税理士と連絡を取る

このような仕事内容がありますよ。

金銭管理をする大事な仕事なので、事務の中でも採用されるためのハードルは高いようです。

未経験者からだと、経理事務に就くのはなかなか難しいかもしれないですね。

未経験者が事務職への転職を成功させるための4つの方法

ではここで、未経験者が事務職への転職を成功させるための4つの方法をご紹介していきたいと思います。

未経験の状態から事務職を目指したい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

事務の業務で必要な資格や知識を身に付ける

1つ目の方法は、事務の業務で必要な資格や知識を身に付けることです。

ちなみに資格は簿記や秘書検定、ITパスポートなどを持っていると事務職への転職を有利に進めることができますよ。

また、事務職に就くためには専門知識なども付けておく必要があります。

それは法令の知識や、経理事務であれば経理に役立つ知識などです。

法令はどんどん変わっていくものなので、それに合わせて最新の情報を頭に入れておくようにしましょう。

経理事務は簿記2級以上を持っていると、採用される確率を上げることができますよ。

パソコンのソフトを使いこなせるスキル

2つめの方法は、パソコンのソフトを使いこなせるスキルを身に付けておくことです。

事務で主に使うソフトといえばマイクロソフト。

そのためExcel・Word・PowerPointなどの基本的な操作の仕方やスキルを身に付けておけば、企業にも安心をしてもらうことができます。

これらの資格を持っていると、未経験者でも強みとしてアピールすることができますよ。

コミュニケーション能力を高める

コミュニケーション能力を高めるのも大事なポイントです。

事務の種類によっては、顧客や来客などへの応対をしなければいけない時もあります。

しかし、コミュニケーション能力が低いと失礼な態度を取ってしまわないか心配されてしまいます。

また、コミュニケーション能力が高いと「社内のスタッフとも馴染んで働いてくれそう。」と採用担当者に思ってもらうことができます。

ですから事務職が未経験であっても、コミュニケーション能力がちゃんと備わっていれば良い結果が期待できますよ。

柔軟に正確に仕事をこなせる能力

事務職では、状況に応じて動ける柔軟さと正確さがある人材を求めています。

業務は決まっていても、常に同じというわけではないからです。

業務を器用にキビキビとこなせる能力を身に付けておけば、入社後も即戦力になることができますよ。

未経験者が事務職へ転職する前にやっておくべきこと

最後に、未経験者の方が事務職へ転職する前にやっておいてほしいことをお伝えしていきますね。

これを行っておけば、転職活動をスムーズに進めていくことができるはずですよ。

事務職への志望動機をしっかりとまとめておく

事務職を受ける時には、しっかりと志望動機をまとめておくようにしましょう。

企業はなぜ志望したのか、その理由が気になっています。

志望しようと思ったきっかけや、どのようにしてスタッフをサポートしていきたいかなど、具体的な志望動機を書くと採用担当者の興味を惹きつけることができますよ。

希望する企業をちゃんと理解する

自分が受けたいと思う企業が見つかったら、その企業がどんな企業なのか、ちゃんと理解しておきましょう。

企業のことをきちんと理解しているかどうかでも、応募や面接での答え方が変わってくるはずです。

企業のことを知って、理解をしていれば企業側に好印象を与えることができますよ。

前職で得た経験から活かせそうなことを確認しておく

事務職が未経験であれば、前職で得た経験から活かせそうなことを事前に確認しておきましょう。

一般事務や営業事務であれば、接客業や営業の経験があるとお客様への対応の仕方やコミュニケーション能力をアピールしていくことができますよ。

その他にも、前職で電話対応や簡単なパソコンの操作をした経験があれば、その部分を強調して伝えることだってできます。

前職での経験を事務に活かすことはできないかどうかというのも考えておくと、転職活動にも役立てることができるはずですよ。

まとめ

事務職が未経験だからといって、事務に転職できないわけではありません。

未経験者であっても、ちょっとしたポイントさえ抑えておけば事務職に就くことができますよ。

未経験だからと諦めてしまわずに、ぜひ憧れの事務職に向けて挑戦してみてくださいね。