自分は事務に向いていないのでは?そう感じた時に転職先選びで活用するべきものとは

「ずっと事務の仕事に憧れていたけど、実際に業務を行ってみたら想像と全然違った。」

「つい先日、社内の人から直接事務に向いていないと言われてしまった。」

このように、自分が事務の仕事に向いていないと感じてしまう瞬間が突然やって来てくることがあるかもしれません。

そうなった時、事務職からの転職を考え始める方もきっといることでしょう。

しかし事務から転職をするとなれば、どのような経験が活かせるのか、またはどんな職種を選択すればいいのか悩んでしまうことがありませんか?

ここではそんな事務に不向きだと感じ、悩まれている方に向けて、転職に向いている職種や転職先の見つけ方をご紹介していきますね。

事務に向いていない人の特徴

それではまず、事務に向いていない人の特徴から見ていきましょう。

事務が苦手だと感じてしまいやすい人は、以下のような人が多い傾向にあります。

細かい作業が苦手

事務職では細かい作業を行うことが多く、それを毎日繰り返して行います。

そして事務の仕事は正確さが求められるので、少しでも間違いをおかしてしまうと職場での信頼を大きく損ねてしまうのです。

ですから自分でしっかりと見直し、できるだけ間違いに気付くようにしなければいけません。

特に数字が関わる業務は、それを間違えてしまうと他の業務にも悪影響を及ぼしてしまう場合があります。

このように、事務職は細かい作業がたくさんあるため、そういった作業が苦手だと感じてしまう人はあまり事務職には向いていないでしょう。

ずっと椅子に座りながら仕事ができるので、はたから見ると楽そうに感じてしまう事務職ですが、細かい作業が苦手な方には苦痛の時間となってしまうかもしれません。

電話応対がスムーズに行えない

事務職に電話応対の業務は付きものです。

だいたいの事務職では、電話がかかって来たらそれに応対する役目を任されるでしょう。

そこで電話応対が上手くできないと、電話をかけてきた相手側だけでなく、事務として雇ってもらっている職場にまで迷惑をかけてしまいます。

そのため電話応対が苦手だったり、コミュニケーションを取るのが苦手だったりする場合は事務職に向いていないかもしれません。

ずっと同じ場所で作業をするのが耐えられない

同じ場所で黙々と作業をするのが耐えられないという人も、事務職には向いていないと言えます。

なぜなら事務職は、1日中椅子に座って業務を行うことが多いからです。

ですから長時間黙って座っていると落ち着かない人は、事務職以外の職業を選んだ方が良いかもしれませんね。

また、運動をするのが好きな人も事務職以外の職業を探してみた方が良いでしょう。

そのような方は、体を動かす機会が多い職業へ就くと、余計なストレスを抱えずに仕事をすることができますよ。

パソコン操作が得意ではない

事務職はパソコン操作を得意としていない人にもあまりおすすめできません。

たいていの事務職ではパソコンを使うのが基本となっていて、パソコンに慣れていない人やパソコン操作が得意ではない人は、かえって足を引っ張ってしまいやすいからです。

また、事務職はただパソコン操作が分かっていればいいというわけでなく、パソコンへ打ち込むスピードの速さも求められます。

ですから事務職に就くなら、ある程度のパソコンスキルを身に着けておく必要があるということですね。

事務に向いていないと感じたら転職をしてみよう

前項でご説明したように、それぞれ違ったことが原因となって事務に向いていないと感じてしまうことがあるかと思います。

そんな時に、事務職から転職をしたいと思うこともあるのではありませんか?

ここからは事務に向いていないと感じてしまった方におすすめの職業をご紹介していきますね。

営業職

まず、事務職からの転職でおすすめしたい職種は営業職です。

営業職では事務職のようにずっと座りっぱなしということが少なく、頻繁に体を動かすことができますよ。

事務職を苦手とする方は体を動かしていないと落ち着かない人もいるので、そうしたことを考えても営業職はおすすめできる職種となっています。

さらに、細かい作業が多い事務職とは違って細かい作業の少ない営業職は、ミスの許されない緊張状態から解放されることにもつなげることができますよ。

ですが電話応対を苦手とする人は、事務職からの転職であっても営業職はあまりおすすめできません。

営業職はコミュニケーションを円滑に取れるかどうかがとても重要になってくるからです。

ですが事務職と真逆と言ってもいいほど違いの大きい営業職では、事務職からの転職にも向いていると言えますよ。

販売職

事務職から転職をするなら、転職先として販売職を選んでみるのもおすすめです。

販売職と言えば洋服を販売するアパレル系や、化粧品を販売するコスメ系の職業などがありますが、そうした販売職であれば自分好みの職種を選択することができますよ。

また、こちらも営業職と同様に事務職よりも動く頻度が多く、椅子に座ったままジッとしているのが苦手と感じる人でもあまり苦痛を感じずに業務を行うことができるでしょう。

事務から転職をするなら転職エージェントが便利!

事務職から転職をしようと思った時、あなたならどうやって転職先を探しますか?

みなさんがよく利用しているのは、きっとハローワークや求人雑誌などが多いのではないかと思います。

しかし転職エージェントを活用すれば、転職をする時にかける時間や手間を省くことができますよ。

では、それは一体なぜなのか以下で詳しくご説明していきますね。

自分が希望する条件に合う求人を見つけ出してくれる

転職エージェントとは、転職活動をサポートしてくれる人材紹介サービスなどのことを言います。

そしてこの転職エージェントを活用すると、自分の希望条件に合わせた求人を見つけ出してくれるのです。

仕事を切らさずに続けながら転職先を探すというのは、意外と難しいものです。

そこで転職エージェントを利用すると、時間がない時でも自分の代わりに求人を探してもらうことができますよ。

ただしできるだけ自分の望みに沿った求人を紹介してもらうためにも、給与や勤務したい時間帯、または休みの体制がどうであってほしいかなどを細かく伝えるようにしてみてくださいね。

転職先の細かい情報まで教えてくれる

転職エージェントの良いところは、求人を代行して探してくれることの他にもう1つあります。

それは転職先の情報を細部まで教えてくれるというところです。

ハローワークの求人や無料で手に入る求人雑誌を見ても、給与・働く時間帯・休みの日など最低限の情報しか掲載されていないことが多く、どんな職場であるかまではなかなか分からないものです。

しかし転職エージェントでは、そのような転職を希望する企業の内部事情まで教えてもらうことができるのです。

やはり転職をするとなった時、どんな職場なのか、どんな人がいるのか気になってしまうものではありませんか?

転職エージェントを利用すると、そのような貴重な情報まで入手することできるのも利点となっていますよ。

転職活動での悩みや不安を解消してくれる

転職エージェントでは、転職活動の悩みや不安を解消する手助けもしてくれます。

それは一体どんなものなのかというと、転職を希望する企業へ応募する時の履歴書や面接への悩みや不安です。

転職を成功させるにはどうしたらいいのだろうかという疑問がわいてきたり、転職が成功する自信がないという不安にかられたりしてしまったりする方も多いのではないでしょうか。

そんな時に転職エージェントへ相談をすると、自分の悩みや不安に応じた適切なアドバイスをしてもらうことができますよ。

ですから応募する時も転職エージェントがそばにいれば、安心して転職活動を行うことができることでしょう。

まとめ

事務に向いていないと思い、転職を考える方もたくさんいると思います。

そこで転職を考えた時、自分のどこが向いていないと感じたのかを考察し、転職先を考えてみてくださいね。

上記でご紹介した営業職や販売職への転職も候補として考えてみていただけたら幸いです。

自分にピッタリの転職先を見つけ、「自分にはこの仕事が向いている。」と思えるような毎日を送っていきましょう。